「ひかり」と「あかり」

キャンドルは、何を呼吸しているの?

人は明るい所よりも暗い所にいる方が、感覚はシャープになる。いつもよりお互い顔を近づけて話してみたり、いつも見慣れている物でも近寄って確認してみたり……ザ・チェルシーは、人と人の距離を縮める不思議な感覚をしのばせているのです。
2人をきれいに見せるファンタジックな空間には、必ずキャンドルが揺れています。そして、女性を揺れる光で美しく見せます。
でも、ここ数年、キャンドルを多く並べる施設を目にします。人工照明と自然光とキャンドルのバランスが大切なのに……大切なのは、インテリアデザインや人工照明を始めから計算した上でキャンドルを置くこと。ファッションでもそうですね。たくさんアクセサリーを付ければ美しく見えるものでもなく、キャンドルも、置き方や空間との一体感が重要なのです。
照明には2つの種類があります。「ひかり」は、人がモノを見る時に必要ですね。つまり人とモノをつなぐもの。でも、「あかり」は人と人の心をつなぐもの。ウェディングでは「あかり」が必要なのだと。それが、キャンドル。
呼吸しているように揺れるキャンドルの火を見ると、なぜか安心する……風に揺らぎダンスのように踊るキャンドルは、限りあるから美しい。キャンドルがあるとウェディングという非日常空間が引き立つ……いつもと違う時間は、そうして切り取ることができます。

#結婚式いいかも
#常識(ワク)から外をご案内

撮影協力
AQUA VISIONS
https://aquavisions.jp/


Backnumber