白を基調にしたインテリアを構成する素材の持つ質感を光で彫刻した「光のチャペル」。
光を最も反射する色であり、真新しさと未来を感じる「白」。この白にこだわりながら、様々な素材を用いてシンプルにデザインしたインテリア。キャンドルとライティングのコンビメーションによる陰影で、得もいえぬ表情を得ている。
その神秘的空間は永遠に続く潜在的な発展を秘めている。
チャペル名の「plum」とは重りのこと。糸で重りを吊り下げると、始めは揺れながらも最後には地球の中心を指して静止する。
ここに集うゲストのココロが2人に集中して注がれることを願って・・・・・。
オリジナルケーキでのケーキ入刀やファーストバイトなど、披露パーティの演出を取り入れた「披露挙式」も人気。
  お子様と一緒に挙式を行う「ファミリーウエディング」など様々なケースでの挙式の実績を持つWコーディネーターが対応。
  ティアラやブーケにもこだわりを―――――。こだわりの数と時間がより想い出深く、より2人らしいWへと昇華してくれる。

人前式・キリスト教式
40名まで

フェアで実際に会場を体験

  • 04/11(土)
  • 04/12(日)

すべてのフェアを見る


挙式場&パーティーホール一覧

CEREMONY HALL

キリスト教式、神前式、人前式・・・・・
あらゆる挙式スタイルが叶う4つの挙式場。
挙式本来の価値に立ち返れば「誓いのシーンを見届けたい人と見届けて欲しい人のココロとココロを繋ぐこと」に辿り着いた。
これは世界各国の挙式場を視察した上で気付かされたこと―――――。
幾度となく改良を重ね、座り心地にこだわったフルオリジナルチェア、
計算し尽くされたゲストシートのレイアウト、お子様連れに優しいキッズルームなど、
全てはコンセプトとして掲げた「ゲストのココロが2人に集まるコト」の体現を願って。

Hall

デザインコンシャスな8つのパーティホールには、
挙式と披露パーティをブリッジするウェルカムバーを隣接。
これは挙式後の緊張感をほどき、ココロのコンディションを整えるインターバルとなる。
また、ホール内には、バーカウンターやゲストの「もう一つの席」となるロフトラウンジを備えることで、ゲストを自由な動線へと誘う。
こうしたゲストのココロの動きをなぞるように、あらゆる機能を含ませることで、ストレスフリーな時間は創られる。
一方、フルオリジナルチェア&センターテーブル、巧みな照明計画、そしてライブハウスを思わせるサウンドシステムにより創られる「居心地」は、
ゲストの五感にシットリと染み渡る。