独立型チャペルと前面に拡がるパティオガーデンでのシームレスな進行&演出が実現する。
チョコレートブラウンを基調とした堂内は、アシンメトリー(左右非対称)なレイアウト。対角線上に設けられたWロードを境に“アリーナ型(高い位置=導く場所)”と“ランウェイ型(低い位置=支える場所)”にゲストシートをレイアウト。これにより、2人とゲストの関係性を表現すると同時に、ゲストの視線確保と三次元のカメラアングルを可能にした。
「支える者」と「導く者」が、時に役割を逆転しながら、やがて「誓う者(2人)」の人生を安定へ向かわせるという “様”を具象化したバランストーイ(やじろべえ)が、オブジェとしていたる所に配されている。 
パティオガーデンにはバーカウンターやロフト席、ステージが組込まれ、挙式後の祝杯やブーケトスが叶う。清涼感溢れるデイウエディング、内照式のオブジェによる幻想的なナイトW。いずれも開放的でドラマティックな時間となる。

人前式・キリスト教式
120名まで

ホール内の音声が引込まれた防音の“キッズルーム”により、お子様連れのゲストも安心して挙式を見守る事が叶う。


フェアで実際に会場を体験

  • 02/01(土)
  • 02/02(日)

すべてのフェアを見る


挙式場&パーティーホール一覧

CEREMONY HALL

キリスト教式、神前式、人前式・・・・・
あらゆる挙式スタイルが叶う4つの挙式場。
挙式本来の価値に立ち返れば「誓いのシーンを見届けたい人と見届けて欲しい人のココロとココロを繋ぐこと」に辿り着いた。
これは世界各国の挙式場を視察した上で気付かされたこと―――――。
幾度となく改良を重ね、座り心地にこだわったフルオリジナルチェア、
計算し尽くされたゲストシートのレイアウト、お子様連れに優しいキッズルームなど、
全てはコンセプトとして掲げた「ゲストのココロが2人に集まるコト」の体現を願って。

Hall

デザインコンシャスな8つのパーティホールには、
挙式と披露パーティをブリッジするウェルカムバーを隣接。
これは挙式後の緊張感をほどき、ココロのコンディションを整えるインターバルとなる。
また、ホール内には、バーカウンターやゲストの「もう一つの席」となるロフトラウンジを備えることで、ゲストを自由な動線へと誘う。
こうしたゲストのココロの動きをなぞるように、あらゆる機能を含ませることで、ストレスフリーな時間は創られる。
一方、フルオリジナルチェア&センターテーブル、巧みな照明計画、そしてライブハウスを思わせるサウンドシステムにより創られる「居心地」は、
ゲストの五感にシットリと染み渡る。