The Soul & Roots

-About us-
ニューヨークにあるチェルシー地区。

ニューヨークへは、約13時間のロングフライト。飛行機は少しずつ高度を上げ、約1万メートルで水平飛行に入る。
機内ではドリンクに続いて最初の食事の後、しばらくしてから機内の照明が消え暗くなる……眠る人、読書灯をつけて読書や仕事をしている人、そして座席の前にある小さな液晶モニターで最新の映画を楽しむ人……。

日本からは斜めに北上、アラスカ上空をかすめ、カナダからアメリカ本国に入るルートを飛ぶ。
日本とは違う異次元の世界へと飛ぶ時は、必ず上空1万メートルの夜を越える。
13時間もの間、じっとしていることなんて、地上ではめったにない。
でも、夜間飛行というこの雰囲気が好きだ。この先の目的地・メトロポリタンの様子を思い浮かべるとドキドキしてくる。

JFK空港に着陸して、入国手続きを終えて、空港ロビーへ。
そこで初めて、アメリカの空気を感じる。
イエローキャブでマンハッタンへ近づくにつれて、映画やテレビで見たニューヨークの風景が目に飛び込んでくる。
ザ・チェルシーは、ニューヨークにあるチェルシー地区にちなんで名付けられた。
チェルシー地区は、マンハッタン島の中央、西側のハドソン川沿いに位置するエリアで、以前は倉庫や工場が並ぶ退屈な地区だった。
しかし、90年代後半から10番街と11番街の間あたりにアートギャラリーがソーホー地区から次々と引っ越してきた。その理由は……。

Next