「来てくれてありがとう」の気持ちを込めて……

ウエディングのそもそものカタチはお互いのパートナーを紹介しながら、歓談と会食を楽しむという“宴”であり、ここまでが「基本設定」と言える。そこへ2人がこだわった演出や進行を織り交ぜながら「2人らしさ」を表現することで、ウエディングはより楽しく、より思い出深いものへと昇華し、また進化を遂げてきた。言い換えれば「おごちそう」が、おもてなしの“真ん中”にくるものと言っても過言ではない。 ザ・チェルシーは、ウエディングメニューとその提供スタイルに“5つのこだわり”を掲げている。

1.日本特有の四季による旬の食材にこだわるため、季節ごとに年4回リニューアル。“お客様アンケート”での感想や、リニューアルごとの社内試食会での意見を反映。

2.ウエディングには老若男女様々なゲストが参加するため、和洋折衷の創作料理がメイン。また、誰もが日々使い慣れている「お箸」で楽しめる。(ご年配の方には肉料理を食べやすいようにカットしてサーブ)。

3.アレルギーを持つ方や、どうしても苦手な食材のある方には、個別メニュー対応が可能。

4.コースメニューを構成する一品一品をセレクトできる「プリフィックススタイル」を採用。オードブル、スープ、メインディッシュ、お造り、デザートなどを自由に組み合わせることが叶う。

5.ザ・チェルシーのウエディングメニューへのこだわりやクオリティーは、同じ総料理長が腕を振るうホテル棟内レストラン「ザ・マイルストーン」で味わえる。

この「ザ・マイルストーン」での食事により、ザ・チェルシーでのWを決めた方も多数。


すべてのメニューを
チョイスできる
“プリフィックススタイル”

メニュー例

  • セットbace cuisine
  • 肉料理meat dish
  • 魚料理fish dish
  • お造りotsukuri
  • デザートdessert
  • オプションoption

多彩なドリンクメニュー

各パーティホール、ウェルカムバーにはバーカウンターが設けられ、
100種類を超えるドリンクメニューをラインアップ。
ノンアルコールカクテルを始めとしたソフトドリンクも充実。
色とりどりのドリンクは選ぶ楽しみと共に、手にする人に華やぎを与えてくれる。


専任パティシエのオリジナルデザート

コースメニューの締めくくりとなるデザートは、専属専任のパティシエを交えた打合せにより、
2人の好きな色や想い出の場所などをテーマにした“オリジナルデザート”の創作が叶う。
また、選べる喜びと共に、パーティに「動き」と「華やぎ」が得られる“デザートビュッフェ”への変更も可能。


Question

アレルギー等の対応は可能ですか?
各種アレルギーへの対応は可能です。招待状ご郵送の際などに、ゲストの皆様へアレルギーに関するご質問をして頂き、担当者へお伝えください。個別に対応させていただきます。また、ご試食の際にもアレルギー対応を致しますので、担当者へお伝えください。

料理が食べられない子供の離乳食持ち込みは可能ですか?
料理のお持ち込みは衛生上お断りをしていますが、お子様の離乳食に限り可能とさせて頂いております。

特別メニューの対応は可能ですか?
ザ・チェルシーの婚礼料理は季節ごとにメニューを一新し、さらに各料理をお好きな組み合わせでご選択いただく、プリフィックススタイルを採用しています。メニューの中からお選びいただきますが、それ以外の特別料理をご希望の場合も料理長と打ち合わせの上、ご対応させていただきます。

実際に試食会で体験!

婚礼メニューをワンプレートで楽しめる
試食会付きのフェアはこちら

  • 04/11(土)
  • 04/12(日)